会社案内

交通建設・会社案内

社長挨拶

交通建設 代表取締役社長 嶋 誠治

鉄道の安全・安定輸送のために

日本に鉄道が誕生してから130年余年。その間、交通・輸送手段として鉄道は着実に発展しています。
当社が創業した当時、鉄道は勢いを増して拡大し続けていました。

その中で乗客や荷物はもちろん、鉄道に係るすべての人々の安全を確保したいという想いから線路や構造物の建設・保守に携わってきた当社の信念は、徹底した安全衛生管理と教育体制のもとで、現在も社員一人ひとりの心、そして身体にしっかりと根付いています。

私共が国鉄・JRの発展とともに成長し培ってきた専門知識・技術は、現在の鉄道の主要な作業といえるメンテナンスの分野、さらに高齢化社会に対応した土木の分野にも大きく活かされ、当社はスペシャリストの集団からなる建設会社として、躍進を続けております。

言うまでもなく、日本において鉄道は最も重要な交通・輸送手段です。 日本は鉄道社会であるといっても過言ではありません。

交通建設は、その一躍を担っていることへの責任と誇りを忘れず、
これからも常に安全を最優先に信頼と評価を得る仕事をし、快適な社会づくりに貢献して参ります。